織姫の里なかのとは、災害時に有効に機能する防災拠点としての施設としても

活用できる、さまざまの機能をもっています。

 ①中能登町地域防災計画における「指定避難場所」

 ②防災トイレ

 ③非常用自家発電装置

 ④受水槽

 ⑤太陽光・風力外灯

 ⑥防災遊具(複合遊具、ブランコ、かまどベンチ)

 ⑦重要給水施設配水管整備(上下道管の耐震化)

 ⑧災害救援ベンダー機能付き自動販売機

   

 休憩コーナーに幕を設置したり、ベンチがコンロに変わったりします。

  

 避難訓練を織姫の里なかのとで実施した様子です。